ホーム > 乳酸菌サプリメント > 善玉菌は腸内で体に良いとされる働きをする

善玉菌は腸内で体に良いとされる働きをする

乳酸菌サプリメントは着目されている健康補助食品の1つです。乳酸菌サプリメントって何なのか、どういう商品なのかを知りたい人に概要を説明します。
乳酸菌は腸内で糖類を分解して乳酸を作る細菌の総称で、代表的なのは、ビフィズス菌、ブルガリア菌、ヤクルト菌、ヨーグルト菌などで、私たちの腸内には約100種100兆個以上の菌が住んでいるといわれ、体に良いとされる働きをする善玉菌と害を与える悪玉菌に分けられます。
乳酸菌は善玉菌で、体内の腐敗菌や病原菌の増殖を抑えて腸の働きを整えます。
免疫力を高める働きもあり、大腸ガンの予防に有効です。
含まれる食品サプリメントは、ヨーグルト、チーズ、バター、乳酸飲料、サラミソーセージ、漬物、味噌、しょうゆなどです。
ヨーグルトや漬物など発酵食品に多く含まれ身近なところにあります。
乳酸菌サプリメントは日本健康栄養食品協会が安全性などの規格基準を設けている健康補助食品の1つです。
乳酸稈菌、乳酸球菌、ビフィズス菌で食品衛生上安全な菌を倍増し、必要に応じ集菌などの処理を行い、食用に適するように加工した食品サプリメントです。
乳酸菌の中には、腸の中にすむものもあり、腸の中で健康に役立つ働きをしていることから、善玉菌に分類されます。
乳酸菌は便通や便臭の改善という整腸作用のほか、免疫力の向上、抗ガン作用、アレルギーの抑制など、幅広い効果があります。

乳酸菌サプリメントを有効に活用して、ご自分の健康増進に役立ててみてはいかがですか。

乳酸菌サプリメントが注目される訳とは